ぬか床 作ってみました。 

18年前、入院した時、意識が戻っても何も口にできなかったら、医師が「なにか食べたいものを言って」と言ってくれたので「キャベツのぬか漬け」と口から出た。

母はぬか漬けがとても上手で、塩加減もよく、とくにキャベツのぬか漬けでご飯を巻いてたべると、美味しくて。。。ドイツに来て、始めての長期治療で、ぬか漬けが食べたくなったので、自分で作ることにした。母のレシピは聞いたことがなかったので、今回は自己流です。

生の糠に、塩(糠の1割程度)、昆布、鰹節、赤唐辛子、生山椒(やわらくしたもの)、ニンニク、そして水で混ぜるだけ。

捨て野菜として、人参とキャベツを入れて、まず、今日から2日間、寝かせてみます。発酵がすすめば、5月の中旬には、ぬか漬けが食べられる、と、思います。思うだけですが。

明日から一日一回、ぬか床に毎日手を入れるのです。うまくいくといいのですが。。。ドキドキします。