独り者ですので、チョンガキムチ(^^)

ドイツのスーパーに、チョンガキムチの大根が、一袋4ユーロで売っていた。早速、塩づけにしてキムチに挑戦。

発酵させるためのアミ(小魚など)が無いので、玄米をお粥状にしてペーストを作り、そこに、赤唐辛子、にんにく、生姜、くだもの(甘ければなんでもいれる)、はちみつ、塩で下味をつくります。量はいつも適当です。すみません。

そこに、ネギ、ニラを入れて、塩漬けが終わった大根(葉っぱも)に揉み込んで終了。

ちなみに、チョンガーは独り者の意味。昔、朝鮮では独身男性は、頭にちょんまげのように髪の毛をまとめていたことから、その形に似たキムチということで、チョンガキムチ、というとか。実は、私、よくわかっていないのですが。まあ、そんなところで。美味ければよし。

塩漬けして、水洗い。塩の調整を。
甘めのチョンガキムチ。