イタリアのおっちゃんたち

ミラノの帽子屋さん

ミラノの街なかで道をきいた。工事をしていたおっちゃんが「この道をまっすぐ」と指差して教えてくれた。すると自転車が停まって、こいでいたおっちゃんが反対方向を指し示した。そして「オレはこの街に10年住んでんだ」と言った。そしたら、工事していたもう一人のおっちゃんが「オレはこの街が好きだから、オレのほうがよく知っている」と言った。みんな、教えてくれた方向が全部違っていた。で、最後はどの道もつながっていると言った。

さすがイタリアだ。。。