スーパーのプロテスト

スーパーの入り口 写真は2017年夏

生活が政治だと感じることは多い。デモもよく見るが、テレビも週末は政治ネタで爆笑する。メルケルに扮した芸人が、与党を徹底的にコケにしている姿をよく見る。トランプのモノマネも多い。月曜日から金曜日まで働いたら、週末は、気分転換に政治をこけおろすのだ。そこには、一市民としての意思が見える。

で、芸人だけではなく店も意思を持つ。去年の夏、外国人排斥の声が上がったとき、このスーパーの系列では、ドイツ以外の国から来る商品をすべて棚から取り去った。商品棚はガラガラになった。そして、いかに、世界とつながってるかを示した。見事なプロテストだった。意思を表明するやり方は多様だ。そして、示し続けることが社会を作ることなんだと感じだ。