炊飯器

友人が9.99ユーロで買ってくれた炊飯器。二号炊き。これが優れもの。お米を炊ける。付属の部品を使うと蒸し器にもなる。ボタンを押すだけ。

一人分の食事を作るのはやはり割高だと思った。肉(特に鶏肉が安い)とかチーズとか本当に安くて大量にパックされている。しかし、ドイツの人のように食べ続けることはちょっと無理。どうしても食材が余る。そして腐らせる。冷凍庫も限界がある。

先日、150円くらいで500グラムのほうれん草を買ってナムルを作ったが最後まで食べきれなかった。ニンジンも腐らせた。うーん。

外で、12~3ユーロの食事をすると、「ああ、10ユーロもあったら、6個入りのパンが10袋も買える」とか、あれも、これも、それも買える、と頭のなかで思ってしまう。悩ましい。。。

で、チェコから来た友人が、「ドイツの物価が髙い」と言ったので、もし、私がチェコに行ったら、安いとか言って買いすぎてまた悩みは深くなるなぁと思った。私の人間性の問題か、算数の能力の問題か。。。