朦朧とカフェ

嵐が来ていた。凄まじい。で、しょっちゅう、雷もあるし、あられとか、雨とかが降るし、風も強いから気にせず、いつもの通り、朝時半には大学の研究所にむかった。午後3時近くに、帰ろうとしてバス停に行くと、待てど暮らせどバスが来ない。1時間経って電車の乗り場に行くと、ここも来ない。どうやら全線ストップらしい。研究所に戻ったら、もう誰も居なかった。携帯は、すぐ「圏外」になり、ネットはつながらない。お手上げ。大学の図書館に避難すると、これまた注文の長い列。昼食を抜かしていたので、サンドイッチを買ったらこれがまた歯が折れそうに硬い。で、やっと、座ったら椅子が壊れていた。涙も出てこない。で、足から寒さが脳天まで突き刺さる。

すごいのは周囲の人。誰も動じていない。ああ、止まってるんだぁぐらいの感覚で、焦っている人もいない。そういえば、今日は、妙にキャンパスに人が少ないなぁと思っていたら、朝から外出禁止の警報がでていたとか。そんなの知るか。