ドイツビビンバ

ドイツの食材は、日本に比べて安いものが多い。肉や野菜はとくに安い。で、ドイツの食材でビビンバを作ってみた。

まず、ほうれん草。これは500グラム200円くらい。さっと塩ゆでしてドイツのごま油と塩、ニンニクで合える。にんにくが日本のものよりちょっとキツイ香り。ニンジンは全体的に細いでの千切りにするのは結構大変。これは甘く味付け。大根は塩でしならせてからレモンと黒糖と唐辛子で味付け。ナスは蒸してから炒めて味付け。しいたけはそのまま炒めて味付け。ひき肉はなんと、500グラム99セント(約130円)それをニンニクとごま油とコチュジャンで炒める。もちろんごまも大量にふる。最後はノリ。ごま油をつけてさっとオーブンに入れて塩をふって自家製韓国のり完成。ちぎってパラパラと。卵はできれば半熟にしたかったのだが、ちょっと焼きすぎ。そして、市販のコチュジャンとちょっと足す。

一日がかりで作ったビビンバ。

味は、野菜の味がすごく出ていた。日本だと、どちらかというと胡麻の香りとミックスされた野菜の調和感があるが、ドイツの食材でやると「オレがニンジンだぁ!」「オレがひき肉だぁ!」「オレがほうれん草だぁ!」という感じ。すごわぁ。

食材費は全部で千円くらい。で、これ、10人前くらいあります。